ようしゃん☆スピリッツ〜こころよろこぶ〜

髙見洋平(ようしゃん) のブログです。

image

2月14日(土)本来であればうれしいバレンタインデーなんですが、
僕は朝から自分で自分を災難に巻き込み
緊急手術と入院をすることになってしまいました。



緊急手術は15時ごろ終わり、いまは病室でブログを書いているのですが、
本当にちょっとの不注意で自分の体を傷つけてしまい深く反省しています。



命に別状はないし1週間以内に退院できるとのことで安心しましたが、
今後生きていく上で少しだけ代償が残るかもしれないとのことは言われています。



くわしいことは書けないのですが、
自分の心のどこかにさみしさがあったような気はします。



ワイワイしゃべる方じゃないし、本心を打ち明けられる人が少ないし。



そういうことからたまったストレスが間接的ではあるけど、
今日の大きなケガにつながってしまったのかなと後悔してます。



全部自分のせいなんですよね。
自分のブラックな部分に向き合わないから、体を傷つけてしまうっていうか。
(あっ!自傷行為じゃないですよ。念のため)



でも一つ成長したなあと思えたこともあって、
こういうやばい状態になっても落ち着いていられたこと。



5年前・10年前の僕なら
焦りに焦りまくってもっと災難を招いていたかもしれないけど、
「とにかく病院」「言われたとおりに手術」
「どんな状況になっても受け入れる」と
いうのがよくできていたと思います。



今回のことで少し人生の楽しみは奪われてしまいましたが、
自分に自信を持てる一歩でもあったと思うので、
もっともっと人と一緒に楽しめる自分を目指して頑張ります。



あらためて母や病院の先生に迷惑をかけてしまったことをお詫びするとともに、
早期退院に向けて治療に励みますので、
よろしくお願いします。

今週のLOVE in Actionのラジオ
(TOKYO FM・FM OSAKAのほか全国のJFN系列局で放送中)。



今週10日(火)の放送ではハルカトミユキのハルカさんが
献血したことない立場から率直に思いを語ってくださいました。



『献血をしたことがありません。でもいつ必要になるかわからないですよね』
『私はお医者さんじゃないけど献血ならできます』
『シュウさん、麻耶さん献血に気づかせてくれてありがとうございました』



どのメッセージも謙虚で正義感がある
ハルカさんの心が伝わってきて本当によかったです。



ハルカトミユキのライブ一回見てみたいです!



さてライブと言えば明日15日(日)はイオンモールKYOTOにて、
LOVE in Action ご当地大作戦 in 京都が開催されます。



ゲストに大西ライオンさん、
Juliet、LiSAさんが登場です。



JulietさんはLOVE in Action常連ですし、
LiSAさんは2013年に岐阜であったご当地大作戦のときに、
アニメファンからすごい人気でびっくりでした。
そこに『心配ないさあ~♪』の
大西ライオンさんがどう絡んでいくのか楽しみです。



・・・と思っていた矢先に急な都合で僕は行けなくなってしまいました。
見たかったのですが急を要することなので残念(>_<)



ぜひ明日15日(日)京都駅近辺におられる方はご参加ください。

lakyoto


日程:2015年2月15日(日)

時間:1stステージ 12:30~14:15
2ndステージ 15:00~16:45

会場:イオンモールKYOTO Sakura館1階センターコート

出演者:大西ライオン、Juliet、LiSA

MC:山本シュウ(「LOVE in Action 」プロジェクトリーダー)
小林麻耶(ラジオ番組「LOVE in Action」パーソナリティー)
小早川秀樹(FM OSAKA DJ)

※ くわしくはこちらから
http://ken-love.jp/operation.html

image

《ゆめカフェの抹茶あずきケーキ》

はあちゅうさんのブログを読んでいたら
よく当たる四柱推命が載っていて早速やってみました!


四柱推命 - 鑑定結果

●気質

草や花、雑草のような「マイナスの木」の気質を持っています。
まじめで几帳面です。また、情にもろい面があります。
あまり表に出ることを好みません。
神経質で、用心深く、消極的な気質です。
ただ、内に秘めた情熱があります。

●性格

[表面的性格] 資産家で銀行マンタイプ

本人の努力なしに恵みを与えられるため、
漠然と過ごしてしまう傾向があります。
視野が狭くなりやすいので、注意が必要です。
持ち前の幸運をうまく生かせば、大きく成功する可能性があります。
また、知情意のバランスがとれており、他人を魅了します。
真面目できっちりした性格で、 ルーズなことを嫌います。

[内面的性格] 偏屈で思い込みの激しいタイプ

境遇が定まらず、一見、器用に見えますが、
思い込んだら他のことが目に入りません。
人によっては、少し変わり者と思われがちです。
特殊技能の持ち主で、一匹狼的なところがあります。
知性や感性に優れたものを持っているので、その能力を伸ばしましょう。
研究、開発者、デザイナーなどが向いています。
また、テキパキと物事をこなしますが、
ムラがあり、気が変わりやすいでしょう。

[長所] 義理人情が厚く、理性的なところが良いところです。
また、心も清く、正義感が強いでしょう。 精神的持久力があります。

[短所] 人に偏見を持ちやすいところが欠点です。
また、嫉妬心が強いところがありますので気をつけましょう。

●恋愛運

一途でせつない恋

あなたは恋愛に対して非常にまじめなタイプです。
きちっとした形でのお付き合いを望みますし、
じっくりと相手を選ぶ傾向があるでしょう。
恋人とは心のつながりを大事にしてください。

●社会運

信頼の銀行マンタイプ

堅実にお金を扱う銀行員とか経理関係の仕事に適しています。
経済に対するセンスがあり、信頼を売り物にする仕事が適しています。
作家、作曲家、芸術などの能力を発揮することもあります。

●経済運

蓄財運ばつぐん

一穫千金をねらっても蓄財してもどちらにも運勢があります。
また、お金を扱うのが非常に上手で す。

●健康運

喉、耳の病気に注意

ぜんそくなど喉の病気に注意してください。
腎臓病やリウマチなどになる場合もあります。


《コメント》本当に当たってますね。
自分のなおしたいなあと思うところも結構書いてあって↓

・あまり表に出ることを好みません。
・神経質で、用心深く、消極的な気質
・本人の努力なしに恵みを与えられるため、漠然と過ごしてしまう傾向があり。
・嫉妬心が強い

特に『本人の努力なしに恵みを与えられるため、
漠然と過ごしてしまう傾向があり』というのがこの間の最大の悩みで、
これと『神経質で、用心深く、消極的な気質』があわさってるから、
将来の夢よりも明日の不安の方に
意識のベクトルが向いてるなというのが実感です。
もっと一日一日を大切に生きるべきなのだけど・・・
あと蓄財運はいまのところないかな。
正式な仕事に就けていないのと家庭の事情ですぐになくなります(^_^;)


とにかくよく当たってるんで皆さんもやってみてください!
http://www.koufuku.ne.jp/happysuimei/

今日はある用事で京阪電車で大阪へ。
中書島駅で乗り換えの特急待ってたら、
きかんしゃトーマス号にめぐりあいました(^-^)

image

トーマスカラーの水色がきれい!

image

各車両にもトーマスのなかまたちがペイントされています。

image

座席ももちろんトーマス仕様。
クイズが書いてあるので子どもたちも喜びますね。



京阪線のきかんしゃトーマス号は特急車両の8000系のほか、
交野線を走る10000系や石山坂本線を走る700形、
京都と松井山手、なんばを結ぶ高速バス
ダイレクトエクスプレス直Q京都でも運行されていて、
2015年3月27日(日)までの運行です。



運行ダイヤはきかんしゃトーマス号のホームページから。
http://www.keihan.co.jp/thomas2015/

image

バリバラの前身番組『きらっといきる』や『オルタナS』のネット記事を
きっかけに知り合ったろう者の映画監督の今村彩子さん。



2012年5月に今村監督の『珈琲とエンピツ』をゆめハウスの先輩Hさんと
大阪のシアターセブンまで見に行って大変よかったので、
2013年8月に宇治で映画会&トークショーを開催しました。



『珈琲とエンピツ』は静岡県湖西市でサーフショップと
ハワイアン雑貨店を営む、
ろう者の太田辰郎さんが主人公のドキュメンタリー映画。
http://studioaya.com/coffee-to-enpitsu/



太田さんの温かさと言葉を越えたコミュニケーションが
67分の映像に詰めこまれています。



ちょうどその映画会をやったときに
東京・新宿の映画館で公開されたのが
『架け橋 きこえなかった3.11』。
(今村監督には東京での挨拶の翌日に
宇治に来ていただいたのです)

image

こちらは東日本大震災で宮城県のろう者がおかれた状況を
震災直後から今村監督が取材しまとめた作品なのですが、
津波警報が聞こえない・
必要な情報が伝わらないという情報格差の問題、
支援活動に奔走する聴覚障害者対策本部長や高校教諭、
被災しながらも普段の生活を取り戻していく人々の様子が
丁寧に記録されています。



2か月前に大阪のシアターSPECまで
再びHさんと見に行ってきたのですが、
非常時の大変な状況だからこそ
誰もに平等に情報が伝えられないといけないし、
避難所や仮設住宅に移っても孤立することなく
きちんとした支援を受けられるようなシステムを
普段から作っておく必要性をすごく感じさせられました。



2015年3月11日(水)で東日本大震災から4年になります。



原発事故が起こったこともあり、
いまもなおたくさんの方が住んでいた場所に戻れない状況で、
さらには次の巨大地震の可能性も叫ばれていますが、
東日本大震災の教訓を無駄にしないために皆さんにも
『架け橋 きこえなかった3.11』を見ていただこうと上映会を
宇治で開催することになりました。



2015年3月28日(土)13時30分から
JR奈良線宇治駅下車すぐのゆめりあうじ4階会議室1です。



年度末でお忙しいかもしれませんが、ぜひお越しください。 



『架け橋 きこえなかった3.11』上映会

会場:ゆめりあ うじ 4階 会議室1
(JR奈良線宇治駅前)

日時:2015年3月28日(土)
13:30~16:00(受付:13:00~)

定員:60人 対象:一般

料金:大人(中学生以上)
1,000円(コーヒー&クッキーつき)
小学生:500円
未就学児:無料

申込・問合:
tel(0774)23-5193
fax(0774)66-1556
Email:gido☆extra.ocn.ne.jp
(☆は@に変えてください)

主催: 『架け橋 きこえなかった3.11』上映会実行委員会

映画『架け橋 きこえなかった3.11』ホームページ
http://studioaya.com/kakehashi/index.html

image

毎週金曜日の21時からNHK Eテレで
放送されている『バリバラ』。



今週(2015.2.6 fri)と来週(2015.2.13 fri)はシゴト体験企画。



聴覚障害のオカピーさんこと岡崎さんが飲食店の接客、
四肢障害の女性がメイクアップアーティストに挑戦されています。



持っている障害や病気が理由で就きたい仕事に就けない当事者にとって、
夢を見つける第一歩になるし仕事上の課題もはっきりわかるし、
なかなかいい企画だなあと思います。
今後も続けてほしいです。



そして『バリバラ』にとって挑戦だった企画と言えば
昨年(2014年)12月に放送されたスペシャルドラマ『悪夢』。

image

プロデューサーの日比野さん曰く構想3年でついに実現したそうです。


ドラマの内容をおさらい↓

《あらすじ》
統合失調症の真(ハウス加賀谷)は、シロイヒトの幻覚に襲われ、
働くことができない上、ひたすら病気を隠しているため友達も作れない。

ある時、真は障害者だらけのラウンジ『悪夢』を訪れる。

そこには、全盲、ろう、脳性まひ、難病など、 さまざまな障害者が集い、
飲み、歌い、踊り、みんな楽しんでいる。

自分の障害を隠そうとする真は、
最初はなじめないでいるが、 女主人の紗江(片山真理)と
ダウン症のバーテンダー光司(あべけん太)と出会い、
次第に、その世界に魅了されていく。

そんな時、謎の男(桂福点)が現れ、真に奇妙な果実を手渡し、
「これを食べると障害がなくなる。
・・・ただし記憶もなくなる。」 と
究極の選択を迫る。

ラウンジの仲間にも相談するが、
「食べるべきだ!」
「障害も含めておまえの個性だろ!」 「だまされている!」
「障害がなかったらいろんなことができる!」 いろいろな意見が噴出。

悩んだ末、真が選択した道とは・・・。

《出演者》

ハウス加賀谷(統合失調症)/あべけん太 (ダウン症のタレント)/
片山真理 (両足切断のアーティスト)/
桂福点(全盲の落語家)/カンニング竹山/杉田かおる(声のみ)/
松本キック ほか

僕も実際に見たのですが幻覚の苦しみがよく伝わってきたし、
ラウンジという形で障害者の居場所を表現したのがよかったです。
ただ結末はすごい意外でした。



障害とどのように付き合っていくか、
周りにどう伝えていくかという究極の課題が詰まっているドラマです。



そのスペシャルドラマ『悪夢』の再放送が決定しました!
2015[平成27]年2月28日(土) 15:00~16:29 NHK Eテレです。



昨年12月の放送に入りきらなかったカットとアフタートークも込みの90分。
本放送を見た方も見逃した方も見てみてください。



TASKEさんの出番増えてるかな?



バリバラスペシャルドラマ『悪夢』《再放送》

2015[平成27]年2月28日(土) 15:00~16:29 NHK Eテレ

ドラマ『悪夢』(67分)拡大版+バリバラ アフタートーク(22分)
http://www.nhk.or.jp/baribara/special/akumu.html

image

ちゅうもえメンバーの伊藤亜矢子さんがPlus-handicapに
《「生きたい」と「死にたい」の狭間で揺れる心。 》という
うつ病についてのコラムを書かれています。
http://plus-handicap.com/2015/01/4787/

Plus-handicapはなんとなく「生きづらい」ひとたちの
なかなか「知らない」リアルを切り取るWEBマガジン。


伊藤さんは自らのうつの経験をもとに
2014年9月からPlus-handicapに記事の執筆をスタート。
2014年11月から正式なライターとして活動されています。


僕もうつ病を発症してから一年なので、このコラムに共感。
《コラムの一部を抜粋》うつ病になって心が追い込まれていったとき、
脳裏に「死」という言葉がよぎることがある。
私もうつの闇にどっぷり浸かっているとき、
死にたいと口にしたこともあるし、行動に移そうとしたこともある。

(略)

でも、本音は違った。
頭の中の90%くらいは「死」を意識している中で、
残り10%くらいは「生」を意識していた。
あのときの私は、本当は、生きたかったんだ。
本当に死にたいわけじゃないけど、
うつのしんどさから開放されたい=
死を考えてしまうってことは実際にあります。


うつになる原因は人それぞれですが、伊藤さんは前回のコラム
《うつを乗り越えても、生きているのは光と闇の狭間である。》で、
http://plus-handicap.com/2014/12/4609/
うつの再発を防ぐためには
うつの根本的な原因に向き合うことの大切さを強調されています。
《コラムの一部を抜粋》なぜうつは再発しやすいのか。
それにはさまざまな原因があると思いますが、
私が思うに、たとえ寛解したとしても、
うつになった根本的な原因が解決されていないから、
再発するんじゃないかということです。
その人の性格や考え方の癖。
メンタル面に支障を来たしやすいような 生活習慣。
心を追い込んでしまう人間関係などの環境。
これらの問題が解決しないと、
本当にうつを乗り越えるということは難しいんじゃないかと、
元うつ病患者として感じています。

(略)

「また再発するかも」という恐怖は常に近くにあります。
普段は見えていないだけで。
その原因のひとつは、
私自身が人間関係を築くのが苦手だというところにあると思っていて、
最近出会った人がそういうふうに
私のことを見ているかどうかは分からないけれど、
たぶんどこかで人の目を気にしているし、
ふと話せなくなる瞬間があったりしま す。
みんなが楽しそうにしていて自分も楽しく過ごしていても、
急に気持ちが冷めて冷静になっていたりする。
人といるのは好きなんだけど、
どう過ごしていいかが分からない。そんな感覚。

(略)

うつから完全に離れるためには、
やっぱりちゃんと向き合わなくてはいけない。
それがちゃんとできて初めて、
うつを乗り越えたと言えるんじゃないかと、今は思っています。
僕のうつ病の原因はいまだはっきりせずなんですが、
人間関係が苦手で周りがワイワイ楽しんでるのに
自分だけ楽しめてないことへの焦りはあったかもと
いまになって思います。


伊藤さんとはSNSで仲良くしていただいているのですが、
まだ直接お会いしたことないので、
今年中にちゅうもえのオフ会やCMUでお会いしたいです(^-^)

明日《2015年2月1日(日)》、宇治市を舞台にした
テレビ番組が2本放送されます。

image

1本目は2014年11月12日(水)に放送された
京都発地域ドラマ『鵜飼いに恋した夏』の再放送。

2015年2月1日(日)13時から13時59分
NHK BSプレミアムで放送です。

<あらすじ>

「宇治茶」や「鵜飼い」そして「源氏物語」
宇治十帖の舞台として知られる京都府宇治市。

その宇治市役所の農林茶業課で、
宇治茶の普及を担当している笹本薫平(伊藤淳史さん)は、
幼い頃からやることなすことうまくいかず、

あきらめグセがついたイマドキの青年。

仕事にも情熱がもてず、つまらない日々を過ごしていた。

そんなある日、高校の同級生で当時の想い人、
立花夕浮(忽那汐里)が宇治川の鵜匠として活躍していることを知る。

夕浮の気をひこうと、彼女が主役のイベントを企画する薫平。

しかし、その想いは空回り-。

さらに、とある事情から夕浮が鵜匠を辞めるという事態に直面する。

果たして、薫平の努力は実るのか?

宇治市の歴史や文化、美しい景観などを織り交ぜながら、
若者たちの成長を描く、人間ドラマです。

2014年11月12日(水)の本放送見たんですけど、
よく知っている場所が登場するのはもちろんのこと、
宇治市の心が描かれていてよかったです。
本放送見逃した方はぜひ!



京都発地域ドラマ『鵜飼いに恋した夏』
http://www.nhk.or.jp/kyoto/ukai/

image

2本目はKBS京都の『森脇伝説』。
タレントの森脇健児さんのロケ番組です。
宇治橋通商店街のおかきのワキモトさん、
昨年4月にこのブログでも紹介した
はたらく・くらすatよりあい商店の丁稚カフェ、
さらには宇治川の女性鵜匠の江崎さんも登場します。



丁稚カフェの皆さんが森脇さんとどんなお話をされたのか楽しみ(^-^)



KBS京都は2015年2月1日(日)22時半から23時の放送、
神戸のサンテレビでも放送されていて、
2015年2月3日(火)23時半から24時の放送です。



『森脇伝説』 番組Facebook
https://www.facebook.com/moriwakidensetsu/



2015年2月1日(日)はテレビで宇治市を満喫してください。

ゆめハウスのお仕事のあとに二条へ。

image

image

Bivi二条の中にあるTOHOシネマズ二条まで
あさって<1月31日(土)>から公開される
映画『JOKER GAME』の試写会に行ってきました。



第二次世界大戦前夜、厳しい仕打ちから同僚を救うため
上官を殺した青年(KAT-TUNの亀梨くん)が
死罪になりかけたところで謎の男(伊勢谷友介さん)に救われ、
『D機関』と呼ばれる諜報部隊に入り、
世界を揺るがす機密文書『ブラックノート』を奪取する
ミッションを遂行していくストーリー。
劇中では『ブラックノート』を持つアメリカ大使の
謎の愛人役として深田恭子さんも登場します。



実はアクションムービーを見るのが初めてでしたが、
俳優人の鬼気迫る演技と、ストーリー展開、スパイの奥深い手法に
すっかり見いってしまいました。



主役の亀梨くん、深田恭子さんの優しい面とかっこいい面が
引き出されていたのはもちろん、
『D機関』をよく思わない武野大佐を演じていた嶋田久作さん、
イギリスの諜報機関のボスのリチャード・シェルトンさんが
軍人の雰囲気をよく醸し出していたなあと思いました。

image

この試写会は京都のFMラジオのα-STATION
京都府赤十字血液センターの協賛で開催。



上映前には献血ちゃんと献血ちゃんの耳をつけたDJの谷口キヨコさん、
京都府赤十字血液センターの担当者の方が舞台に登場。



現在実施中の『平成27年はたちの献血キャンペーン』のお知らせや
献血の豆知識トークに場内のお客さんは聴き入っていました。



今日<2015年1月29日(木)>現在ではA型とO型が足りないそう。
皆さんのご協力をお願いします。



京都府の献血ルーム・献血バスは・・・
http://www.kyoto.bc.jrc.or.jp/

映画『JOKER GAME』の詳細は・・・
http://www.jokergame-movie.com/

lakyoto

山本シュウさんがプロジェクトリーダーをつとめる
日本赤十字社の献血推進プロジェクト『LOVE in Action』



これまで『ご当地大作戦』と題して
全国各地のショッピングモールでイベントが行われてきましたが、
なんと!地元・京都での開催が決まりました。やったあ(*≧∀≦*)



京都の皆さん、ぜひぜひご参加を!



LOVE in Action ご当地大作戦 in 京都

日程:2015年2月15日(日)

時間:1stステージ 12:30~14:15
2ndステージ 15:00~16:45

会場:イオンモールKYOTO Sakura館1階センターコート

出演者:大西ライオン、Juliet、LiSA

MC:山本シュウ(「LOVE in Action 」プロジェクトリーダー)
小林麻耶(ラジオ番組「LOVE in Action」パーソナリティー)
小早川秀樹(FM OSAKA DJ)

※ くわしくはこちらから
http://ken-love.jp/operation.html

image

今日は一日、神戸で過ごしました。



震災から20年の日の神戸で過ごしてみて感じたのは20年の重みです。



長い時間のようでまだ昨日のことのようにみんな感じていて
静かに犠牲になった方を悼みながらも一日一日を
歩んでいるんだなと感じました。



僕の周りで震災で亡くなった人や被災した人はいませんが、
小3のときに京都で揺れを感じたものとして、
ずっと自分事だと思ってきましたし、
いまでも朝早く起きるとあのときのことが頭をよぎります。



あのときとは時代は変わりましたが、
災害の危険性はむしろあのときより増しています。



災害が起こって普段の生活がいきなり遮られたとき、
どうやってうまく対処して立て直していくかがすぐに問われますし、
阪神淡路大震災は決して『あのとき』のことじゃなくて
『いま』につながっていることでもあるんだということを
もう一度思い返したいです。



20年前に亡くなった方の思いをこれからもずっとつないでいきたいですし、
これからも防災を心がけ神戸に通い続けます。



寒い天候の中、関連行事やイベントに携わられた皆さんお疲れさまでした。



今日はゆっくりお休みください。

CIMG9233

人と防災未来センターでは常設展に加えて、2015年6月28日まで特別企画展
『117 阪神・淡路大震災20年 伝えよう未来へ世界へ』 も行われています。

CIMG9236

震災前日には成人式やセンター試験など平和な日常を伝えていた神戸新聞が、

CIMG9237

震災が起こって一変します。神戸新聞の本社自体も被災し、
数年前には嵐の櫻井くんが主演のドラマ
『神戸新聞の七日間』の舞台にもなったのですが、
災害は何気ない日常を一瞬で奪ってしまうんだなと痛感させられます。

CIMG9241

震災当時の空気を伝える展示として
オリックス・ブルーウエーブの高橋智選手のユニフォームも。
『がんばろう神戸』の言葉が入ったユニフォームは
最近のことのように思えますね。

CIMG9243

そして目がいったのが震災からの20年を振り返った年表。
他のお客さんもおっしゃっておられたんですが、
手書きでわかりやすくまとめられていて見やすいんです。
アートディレクターの松岡賢太郎さん率いるチームが手がけたそう。
今後の資料として保存しておくために全部撮影しました。

CIMG9251

こちらは阪神・淡路大震災と東日本大震災の比較の展示。
内陸の活断層の地震か海溝のプレートの地震かの違いや
限られた地域の災害か広域的な災害かの違いはあれど、
どちらも数十万人の人の人生に多大な影響を及ぼしたところは共通です。


こうやって見ていくともちろん災害がないにこしたことはないのですが、
その一方で人間は自然の中で生かされているってことも忘れてはいけません。


人と防災未来センターでは災害の展示ばかりではなく、
自然の展示も充実しています。

CIMG9260

CIMG9261

災害の展示見たあとに自然の展示ゾーン入るとホッとします(*´∇`*)
自然には猛威だけでなく優しさもあるってことを教えてくれます。


続いてはこれから起こりうる災害に向き合うゾーン。

CIMG9267

CIMG9262

首都圏の方に見てほしいのが以下の絵です。


『あなたはどこにいますか?』
首都直下型地震に巻き込まれた自分を思い浮かべながら絵を見てください。

CIMG9266

CIMG9265

CIMG9264

CIMG9263

渋谷や銀座はビルが倒壊し帰宅困難者があふれ、
水道橋ではJR中央線や地下鉄が脱線、
東京スカイツリー周辺では地盤が弱く家が倒壊します。


普段から自分がよく行く場所やよく乗る交通機関の中で、
地震が起こったときのシュミレーションをしておくことの大切さを
池上典さんの絵画は伝えてくれます。


関西ではやはり南海トラフ巨大地震への警戒が必要。

CIMG9271

CIMG9272

僕が住む京都でも震度6が想定されています。

CIMG9274

驚きなのは津波の想定。高知県の土佐清水市や黒潮町では34m。
東日本大震災に匹敵するかそれ以上の津波が来るということになります。


恐ろしくなるデータがそろっていますが、災害には・・・

CIMG9280

これが重要なキーワードです。

CIMG9282

CIMG9268

被災後の避難生活、その後の仮設住宅での生活も他人事ではありません。
センターにお越しの際は常設展とあわせて特別企画展も見てみてください。


人と防災未来センター 特別企画展
『117 阪神・淡路大震災20年 伝えよう未来へ世界へ』
http://www.dri.ne.jp/wordpress/index.php/memorial20

CIMG9149

ひょうご安全の日のつどいの会場のなぎさ公園のすぐそばには
人と防災未来センターがあります。

CIMG9224

入口の前には追悼の鐘があり犠牲者の方のご冥福をお祈りします。
僕がここに初めて来たのは龍谷大学の学生だった頃です。
文学部真宗学科の鍋島直樹先生の講義にセンターの案内役の方が
ゲストで来られたのをきっかけに足を運んだんですけど、
4階で上映される発災の再現VTRは本当にリアルで、
ほんの数十秒の揺れで街が倒壊してしまう怖さを感じさせられました。


それ以降、センターを訪れるときは必ずこのVTRを見て、
来たるべき次の震災への心構えをしています。
残念ながら4階は撮影禁止なので写真はないんですけど、
このブログを見てる方でセンターに足を運ばれた際は、
VTRを必ず見て帰っていただきたいなって思います。


3階は震災発生から復興までの動きを幅広く展示してあります。
震災の前兆現象、被災者の方の手記、
震災後のライフラインの状況、
避難所、救援物資、ボランティアの動きなどなど、
一つひとつ丁寧に取り上げられていて、
震災から20年の当日もたくさんの人が目を通されていました。


フロアのちょうど真ん中にあるのが街が被災してから復興するまでのジオラマ。

CIMG9225

CIMG9226

CIMG9227

CIMG9229

CIMG9230

地震で壊れた建物にはブルーシートがかけられ解体されて、
仮設の建物が建ち、そこから新しい街づくりへという流れですけど、
この間にも大切な人を失った悲しみ、これからの生活の心配、
これまでの街が変わってしまう戸惑いなど、
たくさんの人がたくさんのことを悩み苦しまれた姿が見えてきます。


2階にはこれから起こるであろう地震・津波と地震のメカニズムについての展示が。

CIMG9231

東南海・南海地震はもちろんのこと、近畿は特に活断層が多いってこともわかります。

CIMG9232

こちらは地震のタイプによる揺れ方の違いを再現できるマシン。
≪震源が浅い地震≫か≪震源が深い地震≫かと≪強震≫か≪弱震≫かとを
組み合わせてボタンを押すと、実際に揺れが発生して
起き上がりこぼしの人形の倒れ方で影響が一目でわかります。


すぐそばでは年配のガイドさんが英語で外国人のお客さんの案内もされていました。
世界各地でも災害が起こっているので地震国日本の大切な役割だと思いました。


続いて特別展示へ向かいました。


人と防災未来センターホームページ
http://www.dri.ne.jp/wordpress/index.php

今日<2015年1月17日(土)>は神戸は震災から20年をむかえました。
僕は朝8時過ぎに宇治を出発して電車に1時間半乗って、

CIMG9136

JR灘駅に到着しました。灘駅から海に向かって南下。

CIMG9137

阪神電車の岩屋駅の前を通るとHAT神戸の文字が。

CIMG9139

ここを阪神高速が通っています。
震災当日、阪神高速は倒壊し灘のこのあたりも大変な被害でした。

CIMG9140

横を走る国道2号線も大渋滞で大変だっただろうなと。

image

そして海に到着。なぎさ公園です。
ここから少し西に移動したところで、
毎年『ひょうご安全のつどい』が開催されています。

CIMG9146

開演前のステージ。

CIMG9163

ステージの周りでは地元の団体の皆さんが飲食ブースを出店されています。

CIMG9165


CIMG9167

ステージから離れたところには自衛隊や日本赤十字社や各企業のブースが。
人と防災未来センターのそばには起震車も来ていました。



そしてなによりも印象的だったのは海風になびく鯉のぼり。

CIMG9152

一つ一つ絵やメッセージが書いてあって東北で被災された方や
2つの震災で亡くなられた方にみんなの思いが届いたらいいなと思いました。


ステージでは地元のキャラクターの『はばタン』の踊りや
三味線の演奏、地元の高校のブラスバンド部の演奏があったあと、
地元出身の女優・藤原紀香さんによるトークが。

CIMG9217

震災をきっかけに夢を追い求めるために上京したそうで、
家族(特にはお父さん)に反対されていたものの頑張れたそう。



これまでに訪問してきたケニアや福島の話も織り混ぜながら、
震災への思いをお話されていました。



写真は舞子高校の環境防災科の生徒たちと『しあわせ運べるように』を
合唱している様子。



舞子高校の生徒たちは震災のときに生まれていないだけあって、
震災のことを聞き取ろうとしても「おまえらになにがわかるねん!」と
突っぱねられることがあるそう。



それでもめげない彼らを応援しようと
彼らに密着しているBS1の番組のナレーターを
引き受けることにしたそうです。



感動に包まれたままステージは終了。
最後に一枚、記念撮影してもらいました。

CIMG9221

CIMG9223

CIMG9222

出入口のところにある小学生のメッセージがまたいい!



小さいなりに地震や思いやりや助け合いのことを
捉えてるんだなと感じました。



ステージでのイベントもブースでの販売も全部終了したあとは、
なぎさ公園のとなりの『人と防災未来センター』へ向かいました。

image

阪神淡路大震災が起こった5時46分まで、あと5時間。



昨日はずっとNHK見ていたのですが、
関西地区だけで金曜日の19時半から放送されている
『かんさい熱視線』では震災で妻を亡くされた94歳の男性の方や
神戸大学在学中の息子を亡くされた広島の女性の方のお話がやっていて、
20年ずっと大切な人を思い続けてこられた姿に心打たれました。



予想もしない震災でいきなり大切な人を亡くしてしまうのは
想像を絶するぐらいつらいことだし、
20年間苦しみながらも
天国にいる大切な人へ必死に思いをつないでこられたんだなあと。



もし自分なら大切な人が亡くなった時点でショックで崩れるだろうし、
もともとメンタル弱くて日々しんどくなることあるのに、
ずっと抱えて生き続けられるかどうか。



でもそれでも自分の寿命まで生きるのが
一人の人間としての役割なんですよね。



その役割をしっかり果たされていること、本当に尊く思います。



image

そして21時からはバリバラが神戸から生放送されました。



静岡で行われた障害者の避難訓練と
震災後から一七市という催しをしている神戸の作業所の二本柱でしたが、
福祉スペースのこと、視覚障害者の移動の難しさ、
自宅避難の際は黄色いタオルを玄関にかけておくことなど、
いろいろ勉強になりました。



自分自身もあらためて思い返してみると
これまで防災についてブログで発信してきた割に、
ちゃんといざという時のために備えられているだろうかと。



たしかに非常用のリュックサックとスリッパは用意してあるんですよね。
ただ、いざ避難所に入ったときに耐えられるかなと。



1日、2日はもつと思うんですけど
普段と違う場所で寝て集団生活することにストレスがたまって、
パニックになりはしないかと。



自宅のありがたさを感じると同時に
一回こういう避難訓練に参加してみる必要があるのかなと。



でも障害者の避難訓練そのものも
京都ではなかなかないんですよね(´・_・`)



訓練してても本番で上手くいくかはわからないけど、
ぶっつけ本番よりはあらかじめ想定して訓練しておいた方がいいし、
ぜひ機会を作って参加したいなと思いました。



そして神戸の作業所は障害者は災害のときに困ることもあるけど、
地域の人を支えることもできるんだって見本を示してくれてますね。



震災後すぐのパン作りの再開にもいろんな思いがあったでしょうし、
普段から地域に根ざして生きていくことの大切さも感じました。



このあと1年ぶりに神戸に入ります。
(2013年の神戸マラソン以来)



もちろん、あのときの面影はないんですけど、
20年後の1・17の神戸の心を感じとってきます。

image

神戸からのバリバラは
1月20日(火)24:25~24:55 NHK Eテレにて再放送です。



関西で放送されている阪神電車のCM。



昨年から佐藤江梨子さんとハマカーンが出演しているのですが、
震災から20年ということで『20年目の笑顔編』が放送されています。



いつもどおりサトエリさんと神田さんが夫婦で、
浜谷さんが駅長をやっているという設定なんですけど、
地元の人の笑顔と地元出身のサトエリさんのナレーターにジーンときます。
ぜひ見てみてください。



そして阪神電車と言えば石屋川車庫が震災で壊滅的な被害を受け、
車両も何台も廃車になったんですけど、
その中で生き残った車両があるそうです。



1.17が近くなるとこのドキュメント記事読むんですよね。
5年前の記事ですがどうぞ。



続かない番号が、ある 阪神・石屋川車庫
朝日新聞 2010年1月9日
http://www.asahi.com/kansai/travel/ensen/OSK201001090065.html

image

震災20年の2015年1月17日(土)、大正筋商店街下の町、新長田駅前周辺他では
『MERRY IN KOBE』というイベントが開かれます。



恥ずかしながら僕は全然知らなかったのですが、
アートディレクターの水谷孝次さんが主催するMERRY PROJECTの一環で、
2001年から毎年行われてきたイベントだそうです。
(MERRY PROJECTそのものは1999年スタート)
http://www.merryproject.com/whatsmerry/merry_profile/



イベントでは「笑顔は世界共通のコミュニケーション」を合言葉に
子どもの笑顔を提供し、プリントされた傘が開いた情景を発信します。



1月17日(土)午前6時からと10時半からの2回、
大正筋商店街下の町ステージ→各商店街→新長田駅前を歩く
MERRY UMBRELLA & MERRY WALKが開催されるほか、
六間道商店街寺子屋スペースでは午前9時から午後4時まで
笑顔の紙皿アートづくりコーナーや
摂津本山にある『世界のごちそうパレルモ』のチャリティースープの
試飲・発売が行われます!
http://www.merryproject.com/news/2014/11/3500/



実は『世界のごちそうパレルモ』には
シンセキ隊(山本シュウさんのファン)のともひろさんに
神戸マラソンの打ち上げで連れていっていただいたことがあって、
オーナーの本山尚義さんとはFacebookでつながっているのですが、
まさかMERRY PROJECTに関わっておられるとは!
http://ameblo.jp/1-b-2/entry-11704725532.html



ちゅうもえメンバーの方も一人、本山さんとつながっていたので、
「なんでやろ?不思議」と思っていたらこういうことだったんですね(^-^)



スープは赤「LOVE」、緑「PEACE」、黄「SMILE」3種類。
メリーになって欲しいと、心をこめて作れたレトルトスープで
売上げ1食につき20円がMERRY PROJECTの活動に寄付されます。

本山さんのレストランのWebサイトはこちら!
多国籍料理レストラン「世界のごちそうパレルモ」



ラストの午後3時から3時半にはMERRYな地球ライブも!



ぜひ1月17日(土)は新長田へ。



MERRY IN KOBE 20年目の神戸から笑顔を世界に発信。
みんなで笑顔と希望いっぱいの神戸にしよう!


開催日:2015年1月17日(土)
場所:大正筋商店街下の町/新長田駅前周辺他
時間・イベント詳細はホームページをご覧ください。
http://www.merryproject.com/information/2014/838/

image

成人の日の明日[2015年1月12日(祝・月)]、
京都市バスの河原町正面下車すぐのひとまち交流館 京都にて、
『第7回きょうボラふれあい祭』が開催されます。



一般社団法人 京都ボランティア協会のお祭りで、
ステージイベントやバザー、抽選会、模擬店などが一日出ます。



ステージイベントの13時から14時は市田ひろみさんによるトークショー、
そして14時45分から15時5分までは『ゆめハウスとゆかいな仲間たち』の
朗読・歌・楽器演奏の予定です。



京都駅、七条、五条近辺にお越しの方はチラッと寄ってみてください。



第7回きょうボラふれあい祭りHP
http://fureai.pc-rabbit.com/