ようしゃん☆スピリッツ〜こころよろこぶ〜

髙見洋平(ようしゃん) のブログです。

image

平成24(2012)年、平成25(2013)年に見学参加させてもらった、
『ひょうご安全の日のつどい』が震災20年をむかえる
平成27(2014)年1月17日(土)に神戸市・西宮市各所で開催されます。


昨年(2014年)参加できなかったので、
震災20年の今年はこれまで以上に思いをこめて参加します。
兵庫県は、阪神・淡路大震災20年となる1月17日に実施する
「ひょうご安全の日のつどい」の概要を決めた。

「1・ 17は忘れない」をテーマに、6434人 の犠牲者を悼み、
安心・安全の社会づくり を全国と世界に発信する。(木村信行)

震災の経験と教訓を次世代に伝えよう と、毎年開催している。

追悼式典は午前11時45分から兵庫県公館(神戸市中央区下山手通4)、
人と防災未来センター前 (HAT神戸、同区脇浜海岸通1)の
2会場で営む。

5年ぶりに遺族を招待し、神戸市内と東日本大震災の被災地の小学生が、
佐渡裕さんの指揮で「しあわせ運べるように」を歌う。

県内の小学生など4400件の応募の中から選んだ
「子ども達からのメッセージ」を読み上げる。
2会場を映像でつなぐ。

HAT神戸のなぎさ公園では、西宮市出身の女優、
藤原紀香さんの防災トークや
県立舞子高校生の防災授業などがある。

県立芸術文化センター(西宮市高松町 2)では午後5時46分から、
佐渡さんの指揮で同センター管弦楽団がマーラーの
交響曲第二番「復活」を演奏。
県公館と西宮市民会館で同時中継する。

県復興支援課
TEL078・362・9 832

2014/12/5 07:00 神戸新聞
平成27年ひょうご安全の日のつどい

開催:平成27(2015)年1月17日(土)
会場:神戸市・西宮市各所

日時・会場・イベント詳細は
『ひょうご安全の日』ホームページをご覧ください。

兵庫安全の日 1.17は忘れない

image

2015年1月17日(土)は阪神淡路大震災から20年。



『バリバラ』は前日の1月16日(金)NHK神戸放送局からの生放送です。
Twitterやメールで番組にご参加を!

【バリバラ生放送】阪神・淡路大震災20年
災害時 障害者はどう備えるか?


1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災では、
多くの障害者が避難所などで数々の困難に直面し、
災害時に支援を必要とする人たちの
課題が浮き彫りになりました。


20年たった今、
課題解決に向けた取り組みは進んだのでしょうか?


神戸や静岡での取り組みをヒントに、
災害時、障害者が生きぬくために
どのような備えが必要か、考えます。


みなさんも是非、
Twitterやメールで番組にご参加ください。(バリバラHPより)


【バリバラ生放送】阪神・淡路大震災20年
災害時 障害者はどう備えるか?

2015年1月16日(金)21:00~21:29(生放送)
2015年1月20日(火)24:25~24:59(再放送)
NHK Eテレにて。

http://www.nhk.or.jp/baribara/

ネタりかを見ているとこんな記事を発見!

蟹座女性×山羊座男性は電撃結婚!?
2015年・結婚の可能性が高い星座カップル


「あくまで占いやしなあ」と思いつつもミーハーな気持ちが抑えられず、
もうひとつの神社に初詣に行くことにしました(^_^;)


もうひとつの神社の前にまずは清水寺に参拝。

image

image

image

いくつかのお堂が工事中だったのですが
本堂はたくさんの人でにぎわってました。

image

雨のため見通しは悪かったものの京都タワーはくっきり見えました!



清水寺を通ってもうひとつの神社へ。
縁結びの神様がまつられていることで有名な地主神社。

image

実はいままで何回か来たことあったんですけど、
ここ数年は「仕事を見つけることの方が先だな」という思いが強くなり
参拝をやめてました。来たのは約3~4年ぶりぐらいかな?

image

自分はもちろんなんですが、
ちゅうもえメンバーで恋愛したい人多いだろうなと思って、
神様には「ちゅうもえメンバーの皆さんにもいい出会いが
ありますように」としっかり伝えておきました(^-^)



地主神社には神社の一方の石からもう一方の石まで
目をつぶってたどり着けたら恋の願いが叶い、
たどり着かなかったら願いが叶うのが遅くなる
『恋占いの石』があります。

image

ぜひ寄ったときにはやってみてください。
で、肝心のおみくじは『半吉』。

image

『このみくじに当る人はようやくあかつきに近づいた運勢の時。
これからが本当の人生の出発点でもある。
何よりもまず根気とネバリでことに当れ。
もしくじけそうになったら神の加護を仰げば良い。』とのこと。



地主神社の神様困ったときはよろしくお願いします!



恋愛は『おたがいに気心は通じ会うが、
すぐには結婚には、いたらない』とのことで、
「そりゃ今年出会うんやから今年の結婚はないわな!」と納得。



ネタりかの記事では「蟹座女子との相性がいい」と書かれていましたが、
そんなのは関係なく本当に好きで守りたくなる人と
出会える一年になればいいなと思うし、
付き合うならかっこよくお互いを支えられる関係を作っていきます。



image

最後に清水の舞台を見て帰ろうとしてら、
出口のところで核廃絶の署名をやっていて僕も署名したんですけど、
なんと署名用紙を持って立っていたのが、
僕の小3・小4のときの担任の先生。



何人かの方が一緒に署名用紙を持って立っていたのに、
僕は先生の列に気づかずに並んでいて、
署名に書いた僕の名前を見て先生が気づいてくれたという
ビックリするような出来事でした。



僕が小3・小4のころ(1994年~95年)と言えば深刻な米不足があって、
阪神淡路大震災が神戸を襲ったときでした。



先生が給食のとき「米不足の中、日本米100%ですよ。
残さず食べなさい」と毎日僕らに言ってくれていたこと、
震災にあった子が転入してきたことがよみがえってきました。



あれから20年。
日本はあのとき以上に便利な世の中にはなったけど、
2度目の大震災にみまわれ、
これまで貫いてきた平和主義も危なくなっています。



2015年はいろんな意味でこれまでのことを無駄にせず、
また新しい一歩を踏み出せる年にしたいなと心に誓いました。



清水寺ホームページ
地主神社ホームページ

元日からずっと宇治市内で過ごしてきましたが、
今日は2015年初の京都市内へのお出かけ。
行けていなかった初詣に行ってきました。



毎年恒例の伏見稲荷大社へ。

image

image

雨の中で新年も6日目ながら参拝客の方でまだにぎわっていました。
おみくじを引くと『凶のち大吉』。

image

『このみさとしは、これまで死ぬる思いの苦労をつづけて、
やつと峠をこしたところである。ここで過去を精算して、再出発せよ。
幸運は前途に待つている』とのこと。



うつ病で本当に死にそう(←というのは大げさかな?)だったのでホッとしました。



病気も『長びく方なれどなおる』ということで、
うまく付き合いながら治していくしかないのかなと気持ちを新たにしました。



今年も無事初詣できてよかったです(^-^)

image

伏見稲荷大社ホームページ

image

2015年も4日目ということで今年の目標やWishListを
ブログにまとめようと思ったんですけど、
その前に自分がこの間『夢』について感じてきたことを
正直に書いてまとめておくべきかなと。
なのでまずそのことを書かせてください。





ブログに書くことじゃないかもしれませんが、
ぶっちゃけ数年前よりも自分の『夢』に向き合うのに
消極的になっちゃったかなという感がいなめないんです。





数年前までは「ラジオDJになりたい」とか
人前に立つ職業に就きたいなあと漠然と考えてて
人前に立つ妄想をするのが楽しかったんですけど、
作業所でお仕事し出して去年はウツ病も経験して、
自分のできることの限界を自分で受け入れてしまって、
世の中のあらゆるものが楽しくなくなってしまいました。





『夢』って成長しないと絶対に達成できないし、
ましてやプロの領域に自分を持っていきたいなら、
毎日欠かさず努力をし続けないといけないのは当然なんですけど、
自分自身のどっかに「これ以上自分はもう伸びないな」という
悲観的な思いがあるんです。





なぜ「これ以上自分はもう伸びないな」と思ってしまうかというと、
人から求められることに応えられるストレス耐性がないということです。





どんな仕事をするにしても上司だったり教官だったり
クライアントさんから無茶を言われることがあっても
感情的にならず冷静に受けとめて応えなきゃいけない場面って
ありますよね。





普通の人ならなんとか乗り切れるところが僕の場合、
どうしようもなくなってその場にいられなくなってしまうんです。





わかりやすく言えば自分しか味方がいない状況を
自分で乗り切ることがどうしてもできないってことです。





『夢』を見ることは簡単にできるけど、
なにを目指すにせよどんな仕事をするにせよ
自分しか味方がいない状況を自分で乗り切れる力がないと
『夢』は叶わないんですよね。





そういう力があった上で人として尊敬されて、
たくさんの友達やつながりもできるわけで。





残念ながらもう自分にはそういう力をつけられる
見通しも持てないです。





『夢』に向かって本気になることよりも
その過程にある嫌なことをいちいち引きずってしまって
しんどくなるっていうのが自分のメンタルだし、
そういうことを気にする間もなく必死に打ちこんだとしても
疲れしか残らないってこともこれまでの経験からわかるんですよね。





おとついも実はダウンしたんですけど、
気持ち的に「外の景色もなにも見たくない」って感じになって、
『死にたい』欲もでました。





「これだけいいお正月をおくらせてもらってるのに、
なんでこうしんどくなるんやろうな」って自問自答したんですけど、
やっぱり「伸びしろも今年の展望もないのに
ただ生きているだけなのがつらい」ってところです。





もちろん死にたくなったからと言って実際に死ぬわけじゃないし、
本当に死んだら家族の人生を左右しちゃうので、
自分からは「死ぬ」っていう選択肢を選ぶことは絶対にしないですが、
「ただ生きているだけじゃあな」と思うし、
自分の持っている障害やメンタルからは逃げられないし、
行き詰まっている年明けです。





なのでいくら目標を立ててもWishListを作っても『夢』を見ても、
自分しか味方のいない状況を自分で乗り切れる能力と、
人と忌憚なくコミュニケーションがとれて仲良くなれる能力がないと、
意味をなさないんですよね。





必ず達成できる根拠と自信と耐性があってこその
目標やWishListや『夢』なんだと思うし、
それがなければ絵に書いた餅で終わってしまう。





新年に書くべきことではないとわかりながらも、
『夢』について考えてきたことをまとめてみました。

image

あけましておめでとうございます。




元日の今日はCDTVを夜中の2時ぐらいまで見て就寝。




初夢はなぜか空を飛びながら大阪府内の高校を訪問する
夢を見て朝の9時に起床。




母のお手製のおせち料理を食べて、
お昼からは母方の祖母宅でおいしいぜんざいをごちそうになって、
夜は今度は自宅に祖母を招いて家族みん なで
すき焼きを食べて、すっかりお腹いっぱいになりました(-。-)




僕は胃が小さいので限度を越えると 本当にやばいですね(>_<)




食べ過ぎもほどほどにしたいなって 思います。




皆さんの元日はどんな感じでしたか?
2015年もよろしくお願いします(^-^)

image

今年もあと15分。





夕方までに大掃除と買い物を済ませて、
無事に年越しそばと紅白にたどりつきました。





紅白では『花子とアン』のステージに号泣しました。





吉高さんの熱演と中園ミホさんが脚本にこめた思いを
美輪さんと対談番組でお話されていたことを思い出してなんですけど、
不安定な時代でも震災や戦争に巻き込まれても夢を追い求め続けた
花子の姿とドラマの最終回のスピーチのシーンがフラッシュバックして
感極まってしまいました。





2014年は去年動き過ぎた疲れなのか年明けからウツ病を発症し、
決めていたブログを充実させる計画も本の執筆も頓挫し不調な一年でした。





ひたすら休んで薬を飲むしかないというのは辛かったのですが、
支えてくれた家族や待っていてくれた作業所の職員さんや仲間、
心配してくださった皆さんの温かさを知った一年でもありました。
感謝感謝です。





そんな中でも7月に『バリバラ』(NHK)に出させていただいたり、
ちゅうもえのオフ会やグラノーラのキックオフイベントに参加したり
楽しいこともありました。





各方面で活躍されている皆さんと会うと本当に元気になりますし、
やりたいことを100%できなくても自分の軸をブラさずにいられるし幸せです。





来年はもっと元気になって今年動けなかった分まで動いていきます(^-^)





やることいっぱいでギリギリの年納めブログになってしまいましたが、
2015年もよろしくお願いします。

image

LOVE in Action と連動して毎年1月から2月に行われているのが、
『はたちの献血キャンペーン』。




これまでにゴルフの石川遼選手、
女優の武井咲さんがキャンペーンキャラクターをつとめてきましたが、
平成27年はソチオリンピックで見事金メダルを獲得した羽生結弦選手が
キャンペーンキャラクターをつとめることになりました。




年明けから放送されるCMのメイキングや羽生選手のインタビューが今日から
『はたちの献血キャンペーン』公式サイトで公開されています。




CMでながれるGReeeeNの新曲も楽しみ!
はたちの献血オリジナルの体重計やスピーカーが当たるプレゼントもあります。




冬は献血が不足しがちです。はたちの皆さんはもちろん、
そうじゃない皆さんもぜひ献血ルームや献血バスに足を運んでみてください。




平成27年『はたちの献血』公式サイト
http://ken-love.jp/hatachi/

29歳になって2日目の今日は
朝からゆめハウスで一人暮らしについてのお話し会と、
西宮在住のKさんによるオルゴールコンサートを楽しんだあと、
城陽市のアイリスイン城陽まで、
『TWINKLE JOYO2014』を見に行ってきました。

image

『城陽のルミナリエ』と言われるぐらい地域では有名で、
3年ぶりに行ったのですが前よりもパワーアップしてました。

image

image

お城のイルミネーションに

image

動物たちをイメージしたイルミネーションも

image

会場の一番高いところには『希望』のタペストリーが

image

地元の城陽高校の高校生たちが作ったタペストリーに

image

青谷梅園や山背古道など
城陽の名所をもとに作られたタペストリーもあって、
城陽市民の皆さんの思いが伝わってきました。

image

image

ラストは光の道。通るだけで本当に幸せな気持ちになりました。

image

image

『TWINKLE JOYO2014』は12月25日(木)まで開催されます。
今年の12月は無理でも来年の12月は
宇治や城陽に寄りがてら見て帰ってみてください。

image

image

『TWINKLE JOYO2014』公式HP

image

大阪大学でのバリバラの収録で
『マッサン×BKワンダーランド』のご案内をいただいたので、
NHK大阪まで急遽行ってきました。



到着したときアトリウムでは吉田山田の公開収録がやっていて、
いま話題の『日々』を聴くことができました(^-^)



続いてバリバラの収録のときに乗るエレベーターで8Fへ。

image

T-1スタジオに入った途端、毎朝見るマッサンの家がありました。

image

image

image

家はリフォームされて台所にガス栓も。
この新・亀山家は12月の放送でお披露目だそうです。

image

マッサンが職無しで引きこもってる寝室。

image

1Fに戻って鴨居商店の社長室へ。

image

image

社長は残念ながらお留守だったのと、
いつも占いで使っておられる金魚がいる水槽をうっかり見逃してしまい残念(>_<)




そしてラストはアトリウムでの
シャーロット・ケイト・フォックスさんと西川きよしさんのトーク。


「マッサン」のシャーロット、西川きよしとトークショー : 芸能 : スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141102-OHT1T50206.html



シャーロットさんの日本語奮闘記、優子さんこと相武紗季さんとの交流、
マッサンクイズと大いに盛り上がり、
きよし師匠は弟子時代から腕を磨かれていたマッサージで、
シャーロットさんをおもてなしされていました。




住吉酒造をクビになったマッサンの行く先は?
エリーはどのようにマッサンを支えるのか明日からの放送が楽しみです。




http://www.nhk.or.jp/massan/

ちゅうもえサロンでグラノーラを開発しようというプロジェクトが立ち上がり、
大阪でのキックオフイベントに参加してきました。



ちゅうもえサロンについて詳しくはこちら。

image

朝10時前に阪急淡路駅近くのクレオ大阪北館に集合。



プロジェクトリーダーの
加藤綾(あやか)さんをはじめ、
ちゅうもえ関西から6人が参加しました。

image

牛乳&豆乳&ヨーグルトを準備していただきミーティングがスタート!
自己紹介とお気に入りのグラノーラの紹介をしたあと試食。

image

一粒の大きさやフレーバー、ドライフルーツやナッツがあわさることで増す
食感の違いと、いろんな楽しみがあることがよくわかりました。




試食後のミーティングでは中身の見えやすい透明のパッケージがいいのか、
中身は見えないけどおしゃれなデザインのパッケージがいいのか、
関西のグラノーラ事情、価格設定、食べる時間帯、ストーリー性まで
話が大きく広がってグラノーラ初心者は大変勉強になりました。

image

最後に入口のところで記念撮影!

image

おみやげもいただきました。ありがとうございます(^-^)



ちゅうもえグラノーラは名古屋・東京でのキックオフイベントのあと、
プロジェクトリーダーの加藤さん、サブリーダーの阪本さん、向井さんを
中心に開発が進められていきます。



ちゅうもえグラノーラ開発のブログはこちら。




皆さんもぜひ専門店やスーパーでグラノーラを買って楽しんでみてください。

image

障害者のお笑いNO.1を決める
『SHOW-1グランプリ2014』を見に行ってきました。




これまではNHK大阪のスタジオでの収録だったんですが、
今回は『マッサン×BKワンダーランド』の開催と日程がかぶったため、
大阪大学豊中キャンパスでの収録。

image

image

image

学園祭開催中で盛り上がってました!

image

肖像権の関係で収録中の様子は写せなかったのですが、
常連の月乃光司さん、あそどっくさん、万次郎さん、鈴本ちえさん、
そして前回王者のTASKEさんの5組と
新しい3組が登場し会場を湧かせました。




タブーなしのコント連発で楽しかった。
障害の特性にも
これまで以上に踏み込んでいて、
もっとたくさんの人に見てもらえればいいなって思いました。




この模様は11月14日(金)と
11月21日(金)21:00~21:29日(金)の
NHK Eテレ『バリバラ』で放送!




前回の王者TASKEさんの2連覇か、
他の出場者の皆さんの王者奪還かお楽しみに(^-^)




ちなみに一般審査員にはプライベートでこんな方も!
確実に『バリバラ』が広まってるなあと改めて感じました。
朋未『大阪大学でバリバラ公開収録』
⇒ http://amba.to/1pkcouX





NHK Eテレ『バリバラ・SHOW-1グランプリ in 大阪大学』

前編/2014年11月14日(金)21:00~21:29
[再放送/2014年11月18日(火)24:25~24:54]

後編/2014年11月21日(金)21:00~21:29
[再放送/2014年11月25日(火)24:25~24:54]

レギュラー/山本シュウ、大西瞳、大橋グレース、玉木幸則
ゲスト/はるな愛、松本ハウス、ふかわりょう、たんぽぽ
http://www.nhk.or.jp/baribara/

ようしゃん流ってつけるほどじゃないですが、
ウツの療養で心がけてること書きます。




①音楽と本は完全にシャットアウト

とにかく静かな状態で休まないと治らないです。
休むときほど音楽聴いたり本読んだりしたいものですが、
インプットする労力をすごい使っちゃうので、
あえてなにもせず自分の体調と向き合いながら、
静かに休んでパワーを貯めることが重要です。




②窓を開けて秋の風を部屋に入れながら寝る。

夜は寒いので窓を閉めた方がいいんですが、
昼は秋風が部屋に入るとちょうど心地いい療養空間ができるので、
窓を開けて寝るのがおすすめです。
自然と一体化してなにも考えず身を任せるのが
回復への近道です。




③気分が落ち込んだら眠くなくても寝る。

気分が落ち込んでるときに無理をすると、
余計な気分の落ち込みを招き回復が遅くなります。
気分そのものが快適でない状態ほど、しんどい状態はありません。
無理に寝ることでそういう状態をまぎらわせますし、
結局は休むわけですから早い回復へつながります。
寝過ぎることは病的なようにも思えますが、
ウツの場合はむしろその方がいいのです。




④薬をしっかり飲む。

ウツの回復への近道はなにもせずひたすら休むことなんですが、
唯一しんどくてもやらなきゃいけないのは
薬をしっかり飲むこと。
休むこと+お薬の作用ではじめて回復は早まります。
しんどくてもお薬だけはきちんと飲むことが大切です。




⑤仕事上の不安がなくなるまで休む。

仕事に戻れば配慮してもらえる部分もありますが、
基本今まで通りに働くことが要求されます。
なのである程度、体調に自信が持てるまでは
休んだ方がいいです。
「いまの状態できちんと仕事ができるのか」を
自問自答して自信が持てる状態になってから
仕事に復帰しましょう。




9月はほぼ作業所休んでしまいましたが、
この5つを心がけて過ごしてきたので、
体調が戻りつつあります。




復帰までもう少しなので待っていてください。
よろしくお願いします。

そういえばここに報告書いてなかったので、
今さらながらの報告になりますが、
7月放送の『バリバラ』(NHK Eテレ)に出演させてもらいました。

image

『バリバカンパニー大集合』と題した障害者が働きやすい職場の特集。

image

QRコードやランプで検品ミスを防ぐ努力をしている会社、
精神に障害を持った人同士が助けあって仕事をする会社、
梱包やピッキングなどの多岐にわたる仕事を
当事者の得意分野で分担している会社と、
3つの会社が紹介され、
僕も少しコメントさせてもらったんですけど、
30分の番組では足りないぐらいの内容で、
障害を持っていない人には伝わりづらいところも
あったんじゃないかなというのが感想です。





一般の人の就職と障害者の就職のなにが違うかというと、
一般の人の就職は自分のやりたいことや
「なんでもやる」っていう視点で選ぶのに対して、
障害者の就職は自分のできること・できないことを見極めて、
自分のできることと企業が求めるものを合致させて
選ぶことが多いです。





そして求人応募自体も大学のキャリアセンターや
就活サイトを使うような一般の就職活動とは違って、
ハローワークの中にある障害者職業相談室(もしくは窓口)で、
障害者求人を探します。





たとえば人とコミュニケーションが取りづらいけど、
荷物の移動はできるって人はお店のバックヤードの仕事をする。
コミュニケーションはとれるけど体が不自由って人は
ディスクに座って事務作業をするって感じで、
コミュニケーション能力であったり、
知的レベルだったり体の症状であったりで、
就ける仕事も大きく変わってきます。
(なので上の例えも一概に言えるものではありません)





番組では『特例子会社』の是非にも触れられていましたが、
健常者と障害者が一緒に働く会社を目指すべきなのか、
障害者ばかりが働く会社を目指すべきなのか(後者が特例子会社の考え方)
というのも企業や識者によって考えが違います。





ただ一つ言えるのは一般の人に比べて障害者の方が圧倒的に
非正規雇用が多いということ。





正社員になるにはやっぱりプレゼンや商談ができる
コミュニケーション能力や
大切なことを決められる判断能力が必要で、
障害者はそれが難しいことから、
単純作業を任されることが多く、
会社側に高給を払うメリットがないから
そういう傾向が強いと言えます。
(障害者職業相談室・窓口もほとんどが非正規求人です。)





その一方で障害者の立場から言うと、
いつかは親から離れないといけないので、
より安定した仕事がほしいというのが本音なのに、
仕事が得られるかどうかすら定かでなく、
得られても非正規雇用でいつクビになるか
わからないのが現状です。





あと障害を持っているから自分のやりたい方向の職種に
進みづらいというのも一般の人に比べて不平等だし、
大学卒業を前に就職活動に踏み切れないまま、
戸惑ってる当事者の学生の子もいっぱいいるし、
障害者が働きやすい会社以前に
障害者雇用の幅を増やすのと
雇用を安定させることが急務だと個人的には考えています。





・・・とは言え、
まずは『障害者雇用』というものを知ってもらうのが大事なので、
バリバラをはじめメディアの出演依頼があれば
今後も出るつもりでいます。





そしてお知らせなんですが、
7月に出演したこの番組の再放送が決定しました。





10月3日(金)21:00~21:30と
10月7日(火)24:25~24:55
NHK Eテレです。





まだ見てないよ、って方はぜひ見てください。




http://www.nhk.or.jp/baribara/lineup/140711.html

FBのグループでこんな記事が回ってきました。



ヘッドハンターが狙う「できる人」5つの共通点|
これで絶対後悔しない!
35歳からの転職力養成講座|
ダイヤモンド・オンライン

http://diamond.jp/articles/-/58065



ヘッドハンティング自体は自分にほど遠いことながらも、
大切なポイントがつかれた記事だなあと思いました。



ヘッドハンティングされる人の共通点

①仕事を人生のど真ん中に置いている。
②好奇心の強さがある。
③明るく元気で前向きである。
④「私もああいう人になりたい」という
心からの反応力がある。
⑤他人と異なる決断を下す勇気がある。



今年の夏は作業所の仕事以外ほとんど寝てる状態で、
うつ病だから仕方ないにしても、
モノ足りなさを感じていたんですけど、
まさにこの5つがモノ足りなさの原因を表してくれてます。



その中でも特に①がピンときました。



はっきり言って、これまでの自分も今の自分も
人生のど真ん中から仕事が遠のいてるなあと。



『きらっといきる』や『バリバラ』に出させてもらったり、
メディアの人と個人的に仲良くさせてもらってはいるけど、
あくまで今の自分のポジションは
メディア事情に少し詳しい作業所の一利用者であって、
プロとして仕事してるかというとそうじゃないんですよね。



こないだの『バリバラ』もあくまで
障害者の就職志望者として呼ばれただけで、
決してレギュラーとして呼ばれたわけではないし。



作業所は作業所で生活リズムであったり、
人間関係を鍛える場として大切だと思っていますが、
日々皆さんのSNSを見てると、
リアルに社会を動かしてるのがよくわかるし、
自分は「なにをしてるんだ」という気持ちに正直なります。



やっぱり東京や大阪の第一線で
仕事してる人との意識の違いを感じるし、
「今の自分はこの程度しかできないんだ。
だからしょうがない」みたいな気持ちに陥って、
社会と自分を自分から切り離して、
宇治にいることであきらめを正当化している自分がいます。



第一線に行きたいんだけど、第一線にいけるような
コミュニケーション能力はないし、
人前でパニックを起こして悉く仕事辞めてきたし、
不安要素ばかりが見えて、
不安要素を出さないために
安定したことしかやらないし。



パニックについては『バリバラ』を見て
「僕もあるんで大丈夫ですよ」という返事ももらいましたが、
第一線で仕事するってことは当然、
いろんな人と関わっていかなきゃいけないわけで、
人前で自分の負の感情を出すってことは
大事な商談や今後の人間関係にとっては
もちろんマイナスなわけだし。



相変わらず同じことで悩んでは前に進めません。



そしてまたあきらめながら何もせず寝込みます。



仕事を人生のど真ん中に置ける日が来るのか。
自分でもわからないです。

今日のお昼にFacebook友達の方から
メッセージをいただいたのですが、
熊本の写真家の田中よしひろさんが
自身の写真集『ヨクナルシグナル』の
販売ツアーで明日から3日間、
関西に来られるそうです。





『ヨクナルシグナル』は田中さんが全国各地を回り、
環境問題や社会問題について市民の方の声を集めた写真集。





Facebookページにもいくつか写真が掲載されています。
https://www.facebook.com/yokunaru4976? ref=hl&ref_type=bookmark&refid=17





8月9日(土)に正式に発売されるのですが、
発売前に全国各地をツアーで回って
先行販売されるそうです。





そこで本当にギリギリなのですが、
明日7月23日(水)から7月25日(金)の間で
『ヨクナルシグナル』を販売させていただける
京阪神の環境系や社会問題系のイベントを探されてるそうで、
もしあれば知らせてほしいということです。




イベント情報をお持ちの方は
yoconnect☆gmail.com
(☆は@に変えてください)まで
お知らせいただけないでしょ うか。




よろしくお願いします。

一日中眠気がして起きているのか寝ているのかがよくわからない日々。





トラウマの学生時代の夢を見てはかろうじて意識を取り戻して、
2014年の今をなんとか生きているということに気づかされる。





意識と無意識の境目をただたださまよう。





文字にしたいことは無意識の中にあって、
意識している間は紡げない。





無意識の中にあるストレートな思いは
意識のある世界では複雑で
そう簡単に通用しないことを意識して思い出す。





なにも知らない自分だったころの好奇心はどこへ。





無意識と意識してる状態を繰り返すだけで、
ただ毎日に流されて過ごすのか。





自分との闘いは続く。

今年は七夕の短冊を書くタイミングがなくて、
短冊メーカーを使って、
ブログに短冊をかざることにしました。

★┷┓
┃み┃
┃ん┃
┃な┃
┃に┃
┃喜┃
┃ば┃
┃れ┃
┃る┃
┃本┃
┃が┃
┃書┃
┃け┃
┃ま┃
┃す┃
┃よ┃
┃う┃
┃に┃
┃。┃
┗━★
 短冊メーカー2 http://goo.gl/N5vNiC

★┷┓
┃自┃
┃分┃
┃軸┃
┃を┃
┃確┃
┃立┃
┃で┃
┃き┃
┃ま┃
┃す┃
┃よ┃
┃う┃
┃に┃
┃。┃
┗━★
 短冊メーカー2 http://goo.gl/N5vNiC

★┷┓
┃ウ┃
┃ツ┃
┃が┃
┃治┃
┃り┃
┃ま┃
┃す┃
┃よ┃
┃う┃
┃に┃
┃。┃
┗━★
 短冊メーカー2 http://goo.gl/N5vNiC


やっぱりこの3つかなって感じです。
今年最初の目標が本を書くことだったんですけど、
ウツでできなくなってしまったので、
今年後半で追いついていけたらなあと思ってます。



残念ながら雨の七夕になってしまいましたが、
皆さんらしい七夕の夜をおくってください。