ここまでレポートを書きましたが、

冬の寒い時期に京都まで

講義に来ていただいた筑紫さんには、

大変感謝しています。




NEWS23のことにも触れられてたんですが、

筑紫さんの「ニュース番組をこの歳でやってたから、

病気になってしまったけど、

やってきたこと自体に後悔はない。」という言葉には

重みを感じましたし、

自分は年をとったときに、

筑紫さんと同じことを言えるかなと思いました。




筑紫さんは引き続き、治療を続けられるということで、

しばらく大変な日々をおくられることになると思うのですが、

ゆっくり療養していただいて、

いつかまた学生の前でお話していただきたいなと思います。




自分の将来に悩んでいる今という時期に、

筑紫さんのお話がお聞きできたことは有意義でしたし、

この1年、

本気で「世の中から消えてしまいたい」と思った日もありましたが、

筑紫さんの言葉に助けられましたし、

いっぱい人とズレているところがある自分ですが、

何とかして生きていこうと思えるようにもなれました。




「日本論の視座」という講義は、

自分が一生生きていく中で、

ずっと思い出すであろう、そんな講義でした。




また筑紫さんとお会いできる日を夢見て、

頑張っていこうと思います。