京の七夕の様子とか、いろいろ更新したいのですが、

またまた自宅のパソコンの調子が悪く、5日ぶりの更新です。

(今度はハードディスクがダメになったようです。

パソコン買って、まだ2年なのに。)




この間、3ヶ月前の5月と同じぐらい、結構しんどいことがあって、

自分はやっぱり「組織」とか「集団」ってヤツが苦手やし、

あわないなってことを実感させられました。




「あわない」と書くと「思い込みちゃうん?」と必ず思われますが、

やっぱり、僕は自分が前に出ちゃうタイプなんで、

「従順」的な空気には慣れないし、なじめないです。




精神的にも、そういう空気の場所にいると息苦しくなる一方っていうか・・・




「しんどい話」をすると、また心配かけちゃうんで、このへんにしときますが、

要は元気そうに見えて、しんどく感じてしまっていることが多いです。




それでも、みんなに元気のない姿は極力見せたくないし、

24歳やからとか障害やからとかでは

済まされないこともあるので、ギリギリまで動くんですけどね。




人として当たり前のことだと思います。




おじいちゃん・おばあちゃん・お母さん・お父さん・先輩方も、

しんどさを乗り越えて動いてきたわけなので。




・・・というか「しんどさ」ってマイナス言葉を、プラス言葉の

「充実感」「達成感」と言い換えてもいいかもしれません。




ただそう言い換えようとすると、「しんどさ」を極力感じないように

する「気持ちの努力」も求められるし、それはそれで大変ですね。




5月にしんどかったとき、大学時代のゼミで一緒だった

I君と京都駅の改札で会って喫茶店で話をしていたときに、

(このブログみてくれてるらしいです。ありがとう。)

「司馬遼太郎さんが『坂の上の雲』の中で

博士や軍人などになる人に必要なものは『根気』と

『記憶力』だと言ってた」という話を教えてもらったんですけど、

その他の仕事をするにも程度は違えど、この2つはやっぱり

大事だし、「根気」は特に欲しいし、少しはつけておきたいところです。




マイナスの面でとるかプラス面でとるか、どちらかわからなく

なってきたのですが、結果的にプラスとして、

「人」に「愛」されて「自分自身」も「愛」せる仕事に、

将来的には就いていきたいです。