連日、写真なしの記事ですいませんm(_ _ )m




また写真もアップしますね。




・・・ってことで、今日は「友達」について

書きたいと思うんですけど、

僕には「友達」と呼べる人がほとんどいません。




要するに自分で積極的に作らないからなんですけど。




僕は中学のころに「不思議ちゃん」と

先輩から言われていたぐらい、変わってるんで、

「作りたくない」っていうよりは、

「なる人にめんどくさがられないかな?」というのが

あって作らないって感じです。




あとたぶん「僕みたいな人に振り向いてくれないよな」

というのもあって、「振り向いてくれないよな」以前に、

人を「振り向かせる」こともせず、24まできてしまいました。




「自分がもうちょっと人と素直に遊んで楽しめる子に

生まれてきてたらな」というのもあるんですが、

後悔先に立たず、大学を卒業して気づいたのは、

自分の「同世代」の遊び相手・相談相手が、

自分のすぐそばにほとんどいないってことでした。




世の中的には「若い世代は『同世代』という定義に

縛られず、歳は関係なく、いろんな世代の人を

巻き込んで、友達を作るべき」という意見も

あるようですが、(朝日新聞にものってました。)

「同世代」だからこそ、遠慮せずに話しやすいことや、

仕事してからもたまに会って、入社3年目ならではの

話ができることもあると思うんです。

(1985年生まれは入社3年目、僕は違うけど。)




僕は就職はまだできてないけど、

せめて大学のうちに「同世代」の友達を2・3人は作って、

「同世代」の目で「いろいろ教えてもらうべき

やったな」と今になって気づかされています。




なので、このブログを見てる大学生の子で、

友達いない子は必ず作ってくださいね。




でないと、卒業してから自分で解決するしかない

悩みごともでてきます。




社会に出てからは、結構忙しくて、

学生の頃に思っているのと違って、

意外と作れないことの方が多いと思います。




前にも同じようなことを、このブログに書いたような

気がするのですが、とりあえず繰り返しです。




・・・と話を元に戻します。

でもだからといって「他の世代の友達は絶対なし」と

いうことではなくて、僕の中でお2人おられるんで、

それは「あり」です。




ただし「同世代」でも「そうじゃなくても」、

僕が友達だと思うのは、現実世界でちゃんと

会ったことのある人です。




会ったことがない友達は、やっぱり成立しにくいし、

会ったことないのに「洋平さんは私の友達です」と

いきなり言われると「えっ?」ってビックリしてしまうんで、

申し訳ないですが、そこのあたりは人としてのモラルを

よろしくお願いします。




ただ誤解されたくないのは、そういう方を良く思って

ないということではなく、そういう方もシュウさんが

言われる「シンセキ」だと思ってるんで、真の友達には

なれないかもしれないけど、「シンセキ関係」として

血がつながってる者同士として、どんどんつながって

いきましょう。




「友達作り下手」が言うのもなんですけどね。