image

2015年もあっという間でしたね。


今年は春先からブログが更新できなかったのが最大の後悔で、
もっと前みたいに『伝えたい』って気持ちを持って、
来年は更新をしていきます。


作業所のお仕事では4月から職員さんの体制が変わったり、
先輩の不調が相次いだりして結構ハードでしたが、
それでも頑張る所長や職員さんの姿を見てると、
僕も「頑張らなきゃ」って気持ちになって
自分のできることは全力でやらせてもらいました。


3月の今村彩子さんをお迎えした映画会と、
11月の伊藤亜矢子さんをお迎えしたウツ病の講演会では
実行委員と司会をやらせていただき責任あるお仕事でしたが、
無事やり遂げることができ達成感を得ることができました。


ただ忙しい分イライラすることが多く、
家や外で人やモノにあたってしまったのが多かったのも今年で、
来年はもうちょっと気持ちをこめて仕事したいです。


プライベートでは5月に作業所の先輩と行った東北旅行と、
7月のちゅうもえBBQ、8月のCMUが印象に残っています。


東北旅行では宮城県山元町の共同作業所の皆さんと交流させていただき、
震災から4年の現状といちごの熱心な取り組みについて知ることができました。


ちゅうもえBBQやCMUでは関東のちゅうもえメンバーの皆さんと、
交流しながらごはんを食べることができて楽しかったです。


ちゅうもえメンバーらしくフォトジェニックなことをしたいと思いつつ、
なかなか自分からする機会を作れないんですけど、
ちゅうもえの行事に参加するたびに「空間や料理の盛り付けを工夫すると
これだけいい気持ちになるのか」って発見があって本当に楽しいです。


来年も引き続き参加します!


世の中的には安保法の賛否が大きな話題になり、
僕自身も自分の意見をFBにたくさん投稿したため、
意見の違いも含めてうざったく感じた方もいて申し訳なかったです。


これだけ投稿したのは国民全体の命を守ろうという真剣さが
賛成派・反対派ともに伝わってこなかったこと。


SEALDsはSEALDsで具体的な日本の将来像を持っていないのと、
バックに過激な人たちがいて支持できなかったのですが、
SEALDs批判をした一部の有名人の人たちもメンバーが脅迫されたときに
「自分一人の身も守れないのに警察に相談するのはおかしい」と
「反対するヤツの命はどうなってもいい」と言わんばかりのことを言っていて、
それをまた僕が応援している人がリツイートしていたので、
すごいガッカリでした。


思想や意見の違いや矛盾している部分はあれど、
気に入らない人の命がどうなってもいいってことが平気で認められれば、
それこそみんながしたくないと思っている戦争に近づくんじゃないでしょうか?


民主主義って違う意見があってこそなのに
リベラルの有名人の人たちが
世の中の人が納得する意見を出すことをおこたって、
ただSEALDsをはじめとする若い世代を持ち上げてるだけの状態を
本当に残念に思うし危惧しています。


ちょっとでも建設的な議論が進めばいいですがなかなかね・・・・


今年一年お世話になった皆さんありがとうございました。


「2016年もいい年になりますように」と言いたいところですが、
僕らからいい年にしていきましょう!


楽しいこといっぱいの年に。


2016年ブログもどんどん更新します。


高見家の年越しそば↓

image