2018年もあっという間に大みそかをむかえました。



毎年焦りながら大そうじにとりかかっているのですが今年は書類整理をある程度進めていたこともあって紅白が始まる前に終わりました。



振り返れば元日から風邪をひき1週間の療養を余儀なくされたのと、春先には家族が思ってもいない病気を発症し入院するなど健康で言えば『凶』の年でした。



健康と日常のありがたさを本当に感じました。



6月から11月は神戸のNPOプロップステーションが京都府庁で毎年開講されている障害者パソコン研修に通い、グラフィックを新たに学んだのとワードとエクセルの応用を学びました。



グラフィックは一つひとつのツールの使い方を覚えるだけでなく制作物のサイズのルールにのっとって全体像を描けるようになる必要があること、ワードやエクセルはsmart Artグラフィックや関数、指定した文字や数値に色をつける方法などが理解できて大変有意義でした。



今後働く上で見映えのいい資料を作っていきたいです。



10月にはグランフロント大阪でドリンクスタイリストのおきゅうさんと久しぶりに再会しエディブルフラワー(食用花)を使ったドリンクのワークショップに参加しました。



おきゅうさんのドリンクはちゅうもえのオフ会でいただいたことがあるのですが、実際に花のにおいや味を確かめながらじっくり飲むとおいしさが増しました。



そして11月は枚方蔦屋書店での週末野心手帳のイベント。



はあちゅうさんと萌さんのイベントに初めて彼女と参加できてうれしかったです。



彼女と少しずつ手帳つけてます。



もっと絵や文字をおしゃれに書けるようになりたい!



そんなこんなで充実した1年でしたが、平成も終わる2019年は環境が変わりはじめ自分自身の進化も求められる予感がしています。



やりたいことをブラッシュアップするために時間を大切に量を積み重ねながら必要なことをつかみとっていく年にしていきます。



2019年もよろしくお願いします。