潰れてる間も疲れてる間もなく、

毎日なんかやってるねんけど、

いや今日は久々にあちゅい!



でも朝からあちゅ過ぎて、雲出てたから、

バス使わんと移動できたし、

お金は節約できたんやけどね。



さあ今日のテーマ

「人間、意識してるから行動に走る」。



どういうことかっていうと、

いまの時代のキーワードの一つは、

「不特定多数」つまり

「誰でもいいから巻き込みたい」ってこと。



主にネットの書き込み・殺人事件なんかが

そうやと思うねんけど、事が起こったとき、

「匿名で人を傷つけるだけの書き込みは

ずるい」とか、「なんで会ったこともない人を

残虐に何人も殺せるの?」っていう風に、

いかにも「無目的・無意識に

動いてるかのような論調」が流れるやん。



確かに僕は言うてることはわかるし、

人を傷つけることは許せへんけど、

人間である以上、行動をするときは

必ず何かを意識してやってると思うのよね。



人を傷つけるって、

簡単なように見えて難しいよね?



事実関係を絶対に知らなあかんやん。



事実関係を知らないまま、

その人を攻撃しても、何の意味もないし、

逆に自分が傷つけられることだって

あるわけやん?



だから、自分が知らない領域に

無理矢理責めこむより、

知ってる領域に責めこんだ方が

人を傷つけやすいのは確かよね。



それと本当に「何も考えてないんだったら」、

最初から人を傷つけることなんてしないし、

ある目標を傷つけようなんて思いつかへんし。



いままでたくさんの先生のお話を聴いてきて、

何人かの先生が言うてはったことに、

「批判されることを名誉に思え」って言葉がある。



知ってる人は知ってる言葉やけど、

いま言うたとおり、人は意識して行動してるから、

「どうでもいい」と思って批判や嫌がらせは

絶対にしてこーへん。



何かその人にとって意味があるから、

やってくるねんな。



人としては当然、そういうのは嫌やし、

僕なんかは特に嫌なんやけど(笑)、

自分が人に影響力を与えてる

バロメーターとして、

そういうのは受け止めていきたいわ。



〔毎週火曜日・金曜日更新〕