薬が効き過ぎて、今日はお仕事一回休み。



大事な出店で、カレーも食べたかったのに(>_<)



昼過ぎてから、ようやく動けるようになったけど、

眠気がすごくて、ただでさえ寝るのが

生きがいになってる自分にとって薬があってなかったんかなはてなマーク



大学1回生の時、チックが出てから、
体調のことを異常なぐらい気にするようになった。



その反面、無理なことを避けるようになったり、

体調を気にかけるがゆえに、「モノを楽しむ」ことより、
「寝ることの方が楽しみ」になったような気がする。



あのときしんどくなったことが、
ずっ~とトラウマになってしまってるというか・・・



その中で発達障害の啓発もやってきたわけやけど、

嫌というほど障害者の中に自分が社会に出てるかどうかで

優越感と劣等感がはっきり別れるってことも知った。



「あなたとは違って、私は10年間努力して働いてます」



「自分は仕事できるようになったけど、施設にいる障がい者は、

なかなか社会に出られないですね」っていう人。



あと「昔のことがフラッシュバックするんです」っていう説明をしたら、
「それはクセだからね」っていう人。



正直悲しかったしょぼん



こっちはやっとの思いでやってるのに。



ま、今はそういう人はそういう人って思うようにしてるけど。



障がいは決して治ることはない。



でもその中で続けられる何かを見つけなな。



自分の体調に気遣いながら、世の中や周りの様子伺いをしながら。