「笑っていいかも!?」一週目の放送終了ビックリマーク

ご覧になった皆さん、どうでしたか?



放送されるまで黙っててんけど、
脳ブラの旅、実は仲たがいあって大変だったそうです。



NSCの本多先生がおっしゃっていたように、
「コンビ仲がどうかっていうのは、

お客さんには関係ないこと」やけど、

ぶっちゃけ、どんなコンビにも方向性があわへんことはあるし、
それは別にプロかどうかお笑いかどうかってことじゃなくて、

人間である以上、誰しもが経験することちゃうかなって、
僕はVTRを収録のとき見て感じてました。



要はそれを乗り越えるか

乗り越えないかは自由意思で、
でも2人でずっとやっていきたいと思うんやったら、
乗り越えるしかないってことやろね。



芸の世界ではアドリブで成功してる人もいれば、
綿密にネタとかシナリオ練って成功してる人もいるし、
どっちが正しいとは言えへんけど、

芸っていうのはあくまで、

「お客さんに喜んでもらって、お金をもらう仕事」やから、

それが演者とか作り手の自己満足で

終わったらアカンってことを、

脳ブラの2人は岐阜の町衆の皆さんや

滋賀の山口さん、NSCの本多先生などなど、
たくさんの方に出会ったことによって、

学んだんじゃないかと思います。



ネタの中身としては、滋賀の竹生島で出会った

大阪の人(やったっけ?)も言ってたように、
「展開が読めてしまう」のと、
周佐さんのネタ振りが、なんか台本を

某読みしてるように聴こえてしまうところがあって、
もっと予想外のボケと、

リアルに感じられるツッコミがあれば

今以上にもっとよくなるのではという気がする。



ネタをやらない人が偉そうに言ってゴメンやけど・・・



来週のSHOW-1グランプリもお楽しみに。



そしてカンニング竹山さんが、

玉木さんとのSHOW-1の漫才ネタを作るために、
脳性マヒの大久保さんの自宅にヘルパーに行った企画。



大久保さんの唐辛子入り肉じゃがに、

ビックリされた方多いと思うけど、収録後に楽屋でお話したら、

「唐辛子は一種類だけちゃうからね」っておっしゃってました。



・・・ってことは!?皆さんのご想像にお任せします(^_^;)