月9の「私が恋愛できない理由」
僕のキャラに似あわず見せてもらってます。



最初、このタイトル聴いたときに
「月9で恋愛できない理由?エッ?」って思ったけど、

時代の変化ってヤツね。



「女同士でいた方が楽」とか

「どうやって恋愛を始めたらいいかわからない」って

人が多いっていうけど、「別にそれでいいんちゃう」って思う。



だって「恋愛」って世間に無理矢理、

急かされてできるようなもんじゃないもん。



僕からしたら、あんな大きいシェアハウス住んで、
みんなが仲のいい会社に通って

一生懸命仕事して、おしゃれなカフェでお茶できる、
そういうシチュエーションだけでも、うらやましいビックリマーク



現実はちょっとやそっとの収入やと

3人でもあの家は無理やと思うし、

あんな仲のいい照明会社ないし、
カフェなんて、節約節約でしょっちゅういけへんしねショック!



やっぱそこは「月9」っていうドラマの夢の世界やんな。



ただそういうこと言いつつも、

咲と所長が「いけない」とわかりながらも、
お互いをなぐさめあう海浜公園とか、

真子と桃子がお茶してるカフェ見てたら、
「東京行きたい熱」がどんどんあがってきてんねんな。



今年は震災で行けへんかったけど、来年は行ってみたいね。



あと咲を演じる吉高由里子、ホンマに適役やと思う。



あんなしゃべり方で、「そんなことないよ」って言われたら、
男は正直、惚れるもんな。



キャバ穣にも就活生にも、ちゃんと見えてるし。



最終回までもうちょっと、ラストはどんな展開になるんやろはてなマーク