昨日で20代前半が終了!

今日、26歳の誕生日をむかえましたケーキ



作業所の先輩や職員さんは

「まだ若い」とは言ってくれるけど、
もう20代の折り返し時点。

ここ最近、体の代謝も悪くなって、
数キロ太ってしまって「えらいこっちゃ」って感じ。

食事制限、ウォーキング頑張ります。



20代前半は「これでもか」ってぐらい、

障害・精神症状にむきあってきて、
生活は親やたくさんの人に

守ってもらって恵まれてた一方で、
「どうしたら自分らしく楽しんで

自立していけるか?」という
これから生きていく上での希望を

必死にもがきながら探してたなって、

いま振り返ったら思います。



・自分の仕事をブレずやりきれる人が

「大人」「社会人」ってこと。


・社会には人を平気で見下したり、
傷つけようとしたりする人がいること。


・心から相手の立場に立って、
その人らしさを際立たせてあげることの大切さ。など、


たくさんのことを学ばせてもらいました。



特に今年はいろんな障害をもった先輩と

一緒に過ごしてきたので、
どういうところで苦労してはるのかが
わかるようになってきた反面、
障害をもろともしない一人ひとりの方の

「ユニークな個性」と「ブレない自分」の部分を見て、
「自分も、あれこれこだわってばかりいんと、

もうちょっと楽に生きられるように自分を受け入れな」
って感じた瞬間も何回かありました。



もちろん先輩たちだって、人に見せへんかったり、
人にうまく伝えられへんかったりするところでは、

年々自分たちが歳をとっていくことへの不安、
特に「親と別れてからどうするのか?」って
ことをすごい真剣に考えてはると思うし、
僕以上にすごい苦労してはるけど、
それでも「自分をしっかり保って、
毎日を生活していこうとされてる姿勢」は
20代後半、これから30代・40代になっても
ずっ~と見習っていきたいですね。



20代後半・・・っていうか、
自分勝手に感じてることやねんけど、
年が明けた途端、「大きく自分の周りの環境が
変わりそう」って気が前々からしてます。



それは単なる願望から、

気配を感じてるんかもしれんし、
まったく根拠のないことなんやけど、
20代後半、時間を大切に、

好奇心を大切に、人と自然を大切に、
過ごしていきたいです。



引き続き、応援をよろしくお願いします。